滋賀県で注文住宅の家づくりをしたい人へ

subpage1

滋賀県には13の市、3つの群、6つの町がありますが、湖南エリア・湖西エリア・湖東エリアおよび湖北エリアの4つのエリアに分ける事が出来ます。
すべて湖と言う名称が付いているわけですが、滋賀県には琵琶湖と言う日本最大の面積および貯水量を持つ巨大な湖を有する県でもあるのです。



滋賀県の県庁所在地は大津市であり、市の西側は京都市、琵琶湖線を利用すれば、大津駅から京都駅までは約9分のアクセスと言う事からも、大津市内に住まいを持つ人が多くなっています。

大津市以外にも、草津市などにも多くの人々が生活をしており、注文住宅で家を作った人も少なくありません。



注文住宅には自由な間取りを作れると言う魅力がある反面、分譲住宅よりも高いと言うイメージを持っている人が多いのですが、ローコスト住宅などの登場により注文住宅の場合でも、予算に合う家づくりが実現する時代になっています。



注文住宅での家づくりは、真っ白な状態から家の間取りやデザインを作り上げて行くのが特徴で、家づくりをしたい人の希望が図面に反映される事になります。どのような希望があるのかは、色々な家を見学する事で明確になります。


頭の中で描いているイメージが鮮明になる事で、ここはこうした方が良い、このような設備を取り入れたい、色はこのようなものが良いと言う事を設計士に伝える事が出来るようになり、満足出来る家づくりを進める事が出来るようになります。